【高1】娘を連れ戻すための作戦

お泊りすると書置きを残して彼氏の家の泊まるために家を出た娘・・・ 担任の先生に電話して相談した事に腹を立てた娘は暴言の嵐のメッセージを送ってきました。 担任の先生から8時過ぎに再び電話が来る事になっていたので、私はそれまでにお風呂に入ってしまう事にしました。 娘の暴言メッセージが止まらなくて、見るに耐えられなかったので、娘に「○○先生から電話があるから、お風…

続きを読む

反抗期の娘に言われて傷ついた言葉・・「生理的に受け付けない」

娘のお泊りを阻止しようとした私は担任の先生に電話しました。 担任の先生は娘の携帯に電話して説得をしてくれたようですが、娘は私が担任の先生に電話した事に激怒したようでした。 娘から送られてきたメッセージは暴言の嵐でした(詳しくはこちら)。 「生理的に受けつけない」とも書かれましたが、この言葉は、娘が中学校に入ってから、私に対して度々使うようになりました。 …

続きを読む

【高1】反抗期の娘、暴言の嵐

私が必死に止めるとを聞かず、置手紙を置いて、家を出てしまった娘(詳しくはこちら)・・・ 自転車で追いかけましたが、娘を止める事はできませんでした。 娘のお泊りを阻止するために、私は担任の先生に電話しました。担任の先生は、娘の携帯に電話してくれて説得してくれたようで、娘からメッセージが届きました。 娘からのメッセージです。 原文のまま …

続きを読む

外資系企業で働くと、メンタルを潰されてしまうのか・・

先日の通勤電車でオンラインニュースを見ていると、『外資系企業で働いても「メンタルを潰されない人」の3つの特徴』という記事に目が止まりました。 けっこう当てはまる・・・と思ってしまいました。 私の場合、勤続20年以上と勤続年数が長いので、企業文化に関しては、自分の会社の文化が当たり前のようになってしまってるので、実は日本企業との違いがよくわからないのですが、妙に納得…

続きを読む

反抗期の娘とバトルになって、プチ家出

娘が反抗期の真っ只中の時、私は幾度となくプチ家出をしました。 娘は時々、手紙書いてくれました。 1回目のプチ家出 中学入学して、急激に、娘は酷い反抗期に突入しました。 娘が中1の頃、娘激しいバトルになり、私は初めてのプチ家出しました。 最初の1回はさすがに娘も心配したらしく・・・ 早く帰ってきて。 ママが消えた。 ・・というメー…

続きを読む

【高1】お泊りの相手の男の子の電話番号を聞き出すために、担任の先生に電話する

書置きを残して家を出た娘を追いかけて見失った私は(詳しくはこちら)、がっくり肩を落として、家に帰りました。 そして、担任の先生に電話して、相手の男の子の家の電話番号を教えてもらうべきか、ダンナと相談しました。 ダンナは、電話番号は教えてもらうべきだし、泊ると言って家を出た事を先生に話すべきだと言いました。反面、私は、細かい事情は今の時点では話さないで電話番号だ…

続きを読む

高校生の娘が彼氏とお泊まり、子供の嘘に騙される親

自転車で走り去る娘から聞き出した事は、娘のクラスの友達も彼氏の家にお泊りをした事がある子がいる事、そして娘もすでに彼氏の家に一度お泊りをしている事でした(詳しくはこちら)。 娘はついクラスの子の名前を出してしまったようですが、その子は娘が「親友」と呼ぶ、クラスで一番仲の良い女の子でした。 その子は娘みたいに成績は悪くなく、普通に勉強する子でしたが、娘の話から、おし…

続きを読む

ダンナ、簿記3級に落ちて挫折する

娘が高校生になっても英検3級に受からない事を書きましたが(詳しくはこちら)、ダンナは簿記3級に落ちて、挫折してしまいました。 娘が中2の頃の事です。 ある時、ダンナが、「簿記3級の資格を取る」と言って、本を買ってきて勉強を始めました。 ある時はTOEICの勉強をすると言ったので、仕事のお昼休みに、ダンナのために本屋さんで問題集を探してあげて、ダンナにあげた事…

続きを読む

【高1】家出をするの?と娘に聞いた

娘の手紙(詳しくはこちら)をざっと目を通しただけで最後まで読みませんでしたが、お泊りの準備をしてリュックを持って家を出た娘が自転車で走り去ったので、私は必死に自転車で追いかけました。 暗闇の中で、娘の顔が青白く浮かびあがり、娘と目が合いました。 中学生の頃より少し大人びて見えました。 自転車で伴走しながら、必死に説得しました。 パパとママはおじいちゃん…

続きを読む

「先生が別れさせようとしている」

娘に手紙を渡された直後(詳しくはこちら)は慌てて娘を追いかけたので、私は手紙にざっと目を通しただけでしたが、後でよく読むと、手紙の内容はいくつか不可解な点がありました。 娘の手紙には、先生が別れさせようとしていると書いてありますが、この点については、?でした。 第一の事件と第二の事件が起きてから、私は何回か担任の先生と話していました。 担任の先生は忙しいのに…

続きを読む

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

先月の人気記事

最近の記事