結婚後に知ったダンナの秘密

ダンナとは出会ってから8ヶ月で籍を入れたので、結婚してから知った事もありました。

結婚式では、「イケメン」と言ってくれた人もいたのに、今はすっかり変ってしまって・・・変な眼鏡をかけて、髪型ものび太君みたいにオタクっぽいし、騙されたという心境です。

出会ってから入籍までの期間が短かったので、結婚してから知った事実もあります。







ゲーム好きだった


結婚して、ダンナは次々にゲーム機器とソフトを買いました。ゲーム機器も、新しい機種が出ると次々買うので、DSだけで3つ、ゲーム機器も、任天堂やら、PS4など一通り持っていて、最新のゲーム機が出るとすぐに買います。ゲームソフトも山のようにあります。

ソフトも次々買いますが、すぐに飽きてしまって、最後までやらないで投げ出すものもあります。特に、頭を使う系は、途中で放棄します。

「何でゲームをやるの?」と聞いたら、「ゲームが、僕の生きがいだから」とダンナは答えました。

とにかく、ゲームには目がないのですが、一番、私が不満に思った事は、娘が小さい頃から、本人が求めていないのにゲームをやらせたり、教えたりした事です。

もしダンナがゲームをやらない人だったら、中学生頃まで子供にゲームをさせない事も可能だったかもしれないのに・・・

更に、ダンナは、自分がしない、娘向けのソフトも買い与えました。

我が家はゲーム王国になってしまいました。

ダンナの部屋には、何やらいろいろな機器があって、たくさんのコードが入り乱れた状態です。時には電源がつけっぱなしのまま、会社に行ってしまうのです。

あまりにも頭にくると、私は電源をぶちっと切ったり、コンセントを抜いたりしてしまいます。


おたくだった


結婚前、私はダンナの部屋に1度しか行った事がありませんでした。

それで騙されたのかもしれませんが・・・

ダンナは、わけのわからないゴジラとか、怪獣の模型のような物を集めるのが好きです。

プラモデルも作ります。

そして、模型の物はどんどん増えて行きます。

私は、インテリアをフレンチカントリーでまとめたかったのに、ダンナの怪獣がどんどん進出してきます。

怪獣にもいろいろ種類があって、首が3つある怪獣とか、理解不能です。キングギドラとか、私はどれがどれだか全く興味がないし、わかりません。

我が家の猫(2代目)は、気にくわない事があると、ダンナの怪獣を倒すそうです。

ペットって、賢いですね。

その話を聞いてある時、ダンナとバトルになった時、ダンナのゴジラや怪獣を机から落としておいたら、すごい剣幕で怒りました。

いい大人が、それくらいで本気で怒る・・・?ってくらい、目が怖かったです。

ペットがやるのは仕方ないようですが、私がダンナの大切にしている物を落とすのは許せないようです。


デブだった


ダンナは小学校高学年から中学生まで学年一のデブで、80キロ以上体重があったそうです。

あだ名は「肉布団」だったそうです。マラソン大会などは、学年一番ビリだったとか・・・ 学校の遠足の山登りなども一番最後で、付き添ってくれる先生から、今の先生だったら言わないような「トロいなぁ」など、いろいろ言われたそうです。

高校生でダイエットして、結婚前は普通の体重でしたが、太りやすい体質みたいで、結婚後も、10キロ程度の減量とリバンドを繰り返しています。

娘が6歳の頃は体脂肪率が25%あり、「俺の身体の四分の一は脂肪だ!」と言ってました。娘が13歳の頃、健康診断でメタボ予備軍ではなく、メタボと診断されました。

それ以来、健康診断では毎年メタボと診断され、お腹が出てから、とうとうダイエットを始めました。

娘は太っていませんが、気をつけないと、デブ遺伝子を受け継いでいるかもしれません。

ダンナのダイエットは成功し、今回はリバンドしていません。つい先日、健康診断の結果も戻ってきましたが、メタボ判定は出ませんでした。

自分が太っていたくせに、「女の人は、体重45キロくらいであるべきだよね。」と言うのは(詳しくはこちら)、過去のコンプレックスからくるのでしょうか・・・

最近のダンナは、ワンダーコアというダイエット機器を毎日使っています。先日、娘も使ってみたいと、興味を示し始めました。



スポンサーリンク



人気記事

最近の記事