【高1】高校生にもなって英検3級にも受からない親の気持ち

学校で必須の英検3級を受けさせる必要がありましたが、逃走される恐れがあるため(詳しくはこちら)、私とダンナふたりで娘を会場に送り届ける事にしました。

2人見張りについたら、もし逃走されても、2手に分かれる事ができると思ったからです。

高校生にもなった娘が英検3級を受けさせるために、ダンナと2人で会場に送り届ける・・・

なんて、滑稽なんでしょうか・・・






受からない英検、漢検、数検3級


英検、漢検、数検3級は、中3で受かっておくと、多くの高校では内申点に1をプラスされるので、娘の友達なども中3で3級に受かった子はかなりいました。

娘の場合、中2の頃から個別塾で漢検を勧められましたが、結局本人が全くやる気にならなかったので、中学生の頃は英検も漢検も受けませんでした。

中3の頃、娘がネットで数検の問題を見ていて「これだったらわかる」と言い出したので、私はその場で申し込んでしまいました。

ところが、数検の勉強は全くしなかったし、いざ受ける段階になって、やる気をなくしていました。

高校生になって、英検、漢検、数検を年に何回か受ける事が必須になりましたが、娘の話によると「途中退席した」とかで、毎回受かりませんでした。

・・・と言うよりも、結果は学校に届くので、私は娘から結果を聞く気力もありませんでした。

もし受かっていたら教えてくれるはずだし、娘の話を聞いていると、受かるようには思えなかったし、留年問題の方が切羽つまっていました。


英検3級が受からない、親の気持ち


周囲の子が中学の時3級を受かったとか、高校で準2級に受かったなどの話を聞いていると、私はみじめでした。

高校生になっても、英検も漢検も3級すら受からない・・・本当にみじめでした。

誰が何級に受かったなんて話は、もう聞きたくない・・・

もちろん、親戚にも、3級に受からないなんて、言えませんでした。

高校では完全に落ちこぼれていて、1学期は赤点が9教科もあり、2学期期末テストの英語の点数は6点(100点満点中)だったので、英検どころではありませんでしたが、英検3級を受けに行かなければならない事は、みじめな気持ちに拍車をかけました。

それでも、落ちるとわかっている英検3級を受けさせなければなりませんでした。




スポンサーリンク



ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

先月の人気記事

最近の記事