【高1】お泊りしたいと言い出した反抗期の娘と大バトル

1月中旬、夜9時半頃娘からメッセージが届きました。娘はついにお泊りを強行突破しようとしました。

お泊りしたいと言い出したのは、高校生になって4回目でした。







私は電話、メッセージを送りまくって、ずっと説得しました。

以下のやり取りは、私と娘のメッセージのやり取り(原文のまま)です。


相手の家の電話番号を教えて。ご両親と電話で話すから。電話番号を教えられないなら許可しない。

そんなの面倒臭い。

そもそも、こんな時間に手土産もなく急に人の家に泊まりに行くのは非常識でしょ!

明日だったらいいの?

電話番号教えて。

面倒くさい。

電話番号を教えられないような家に泊められない。

親と同居していない子だっているから。

ほら!白状した!1学期にグルメ同好会で親と同居していない子がいるって話してくれたよね!写真も見せてくれたよね!猫の写真も見せてくれたよね!

その子とは違うけれど・・・

じゃあ、何組の誰?フルネームと電話番号教えて!

本当の事を話せば、泊っていいの?(ここで、彼氏の家に泊まりに行くと白状しようか考えたようです。)

ご両親と話して、お互いがいいって言ったらね!

ダメって言っても帰らないから!


ここで、話を聞いていたダンナが、「携帯を解約する」と言出だしたので、「今日帰らなかったら、明日スマホを解約するからね!本気だからね!」とメッセージを送りました。

私はメッセージを送り、電話もかけまくりました。

娘は「反抗期なんだから仕方ないでしょ。」「他の子もやってる」と主張しました。「明日学校行かない」とも脅されました。

その日は、「明日は絶対に帰らない」と言い捨てて、10時半頃にあきらめて電車に乗り、11時過ぎに帰宅しました。

その日は13日の金曜日でした。

男の家にお泊りは絶対に認められない・・・

少なくても高校生のうちは・・・

子育てって年齢があがるたびに苦しくなる・・

この先、見えない闇が続いているようでした。

本当に疲れた。

その日は金曜日でしたが、次の日仕事の時に娘が帰ってこなかったら一晩中眠れない・・・仕事は休めない・・・仕事もたいへんなのに・・・と思いました。

何とか、お泊りを阻止しましたが、本人が納得しないので、またバトルが繰り返される事は予測できました。

やっぱり、娘は、まだまだ諦めていませんでした。

事件は土曜日に起きました。




スポンサーリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

先月の人気記事

最近の記事