高校生の娘が彼氏とお泊まり、子供の嘘に騙される親

自転車で走り去る娘から聞き出した事は、娘のクラスの友達も彼氏の家にお泊りをした事がある子がいる事、そして娘もすでに彼氏の家に一度お泊りをしている事でした(詳しくはこちら)






娘はついクラスの子の名前を出してしまったようですが、その子は娘が「親友」と呼ぶ、クラスで一番仲の良い女の子でした。

その子は娘みたいに成績は悪くなく、普通に勉強する子でしたが、娘の話から、おしゃれとか恋愛には興味があるようでした。

その子のお母さんとは保護者会で会っているかもしれませんが、話した事はありませんでした。

ただ、私以上に心配性だという話は聞いていました。

ある時、娘とその女の子が学校帰りに遊びに行き、夜9時過ぎても帰らないので心配して、担任の先生に電話をした事を担任の先生から聞きました。

私はそのお母さんの気持ちはよくわかりました。

私は担任の先生に電話する事はありませんでしたが、娘の帰りが遅くなるたびに、いてもたってもいられなくなり、娘のスマホに電話をかけまくったりしました。

連絡がつかないと、毎回心配で、心配で・・・他の事が何もできませんでした。

ただ、出かける相手が女の子で、行き先が危険な繁華街ではないとわかっている時は、むしろ安心でした。

・・・という事は、その女の子が彼氏の家にお泊りする時、娘の名前をアリバイに使って、嘘をついたのでしょうか・・・

そのお母さんは、うちに泊まっていたと信じていたのでしょうか・・・

そして、私自身も、娘に騙されて、一回目のお泊りを認めてしまいました。


このように、世の中の高校生の子供を持つ親は、子供の嘘に騙されてしまうのでしょうか・・・

一度目のお泊りを許可した事は、後から後悔しましたが、二度目三度目四度目は必死に阻止しました。

ところが、娘は書置きを残して家を出てしまい、自転車で追いかけた私を振り切って行ってしまいました。



スポンサーリンク




メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

先月の人気記事

最近の記事