【高1】ついに涙が溢れる・・・

娘を尾行してお泊りを阻止した翌日は日曜日なのに、娘は朝5時過ぎに出かけ、夜の10時ちょうどに帰宅しました。






私は、「生理的に受けつけない」という言葉がどうしても許せなかったので、ダンナに私は娘が帰ってきても「おかえり」と言えないけれど、ダンナはおかえりと言うように、機嫌が悪かったら話しかけないように言いました。

そして、私は部屋にひきこもりました。

娘は「ただいま」と帰ってくると、私の部屋に入ってきて「はい、これ」と袋をくれました。

「何これ?」と袋を開けてみると、アフタヌーンティーの手鏡でした。



娘が贈ってくれた手鏡は、これです。=> アフタヌーンティーのミニミラー

「なんで?」と聞くと「仲直り」

「生理的に受けつけないとか言ったこと、悪いと思っている?」

「ごめんない。」

生理的に受けつけない、同じ空間にいるだけで寒気がする・・というメッセージを送ってきたくせに(詳しくはこちら)・・・

その翌日に、プレゼントをくれるなんて・・・

私の目から、涙が溢れました。

娘はダンナにもお土産を買っていました。ダンナのお土産は、タツノオトシゴの携帯ストラップで、水族館で買ったそうです。

ところが、ダンナは、最初から、おかしい・・・と思っていたそうです。



スポンサーリンク




最近の記事