【高3】読書をしない娘・・AO入試対策、1冊目は数ページで挫折

オープンキャンパスに行った時に学生さんから聞いた話から、AO入試の面接で最近読んだ本について聞かれる可能性があると知った私は娘のために図書館で本を借りてきて、本を読ませていました。





娘のために図書館で借りてきた本は、愛と死をみつめてという本でした。娘が、生まれつき顔に障害がある子供の映画を観たいと言った事からヒントを得て、顔に肉腫ができてしまう女の子の実話を選んだのです。

娘は本を学生鞄に入れて学校に持って行きました。私は進み具合が気になって、毎日のようにこっそり娘の鞄をこっそりチェックしました。

ところが、全く進みませんでした。

最初の数ページから進んでいなかったので、3日と読んでいなかったのではないでしょうか・・・

私が選んだ本を娘が読まなかった事に対して、思ったより落胆しませんでした。

娘が中学生の頃、私は読書をしない娘のために何冊も書店の古本コーナーなどで娘の読みそうな本を買ってきたりしましたが、娘は見向きもしませんでした。

娘に勉強をしろと強制をするとますます勉強しなくなりましたが、読書も強制すると娘は絶対に読まなくなるとわかっていました。

もし娘のツボにはまって、この本を深く読めるんだったら、原作はAO入試としてはギリギリセーフだと私の自己判断で考えていましたが、映画化、ドラマ化されていたのでやっぱりどうなのかな?というひっかかりがありました。

娘が数ページで挫折してしまった敗因として、本が書かれた時代が古すぎたせいが考えられました。時代の背景とか、言葉の言い回しなどが古すぎて娘世代の感覚では読みずらかったのかなと思いました。

また、その本は字数が多いので、読書をしない娘には読みにくかったのかなと思いました。

私と娘は感覚も趣味も違うので、本来は私が本を選ぶのではなく、本人が自分で選ぶべきだとは思いましたが、読書をしない娘はどんな本だったら読めるのかすら、わからないようでした。私と一緒に本屋へ行こうとか図書館に行こうともしませんでした。

小さい頃は毎晩、本の読み聞かせをしたし、小学校の頃までは本を読んでいたのに、どうして全く本を読まない子に育ってしまったのか・・自分の子供でありながら、信じられませんでした。

私自身は、図書館に行くのが大好きで、娘の受験で忙しくなるまでは寝る前の読書は日課でした。

とにかく娘は本を全く読まないし、非常に読むのが遅いので、AO入試の一ヶ月前に読み始めたのでは手遅れでした。

私は考えました。

やっぱり現代物

そして、ノンフィクションがいいのではないか・・・

映画化、ドラマ化されていなくて、有名でなくて、面接者も読んでいないような本

私はもう一冊、心当たりがありました。




スポンサーリンク






☆現在受付中のアンケート☆

子供の勉強が原因のプチ家出

勉強できない子供の学校説明会・オープンキャンパス

学校の提出物の期限は守りますか?

高校の赤点、補習、再試、留年の基準 について

☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事