ご飯が食べられない・・このままでは何も食べられなくなる

私にとって何よりも辛いのは眠れない事です。眠れない事が一番怖い。

不眠症に関しては、ここ1か月半程調子が比較的良かったのですが、一度ペースが崩れると、一気に逆戻りしてゼロに戻ってしまうんですね。

不眠症は辛いのですが、ストレスが原因で食べるとお腹が痛くなるという症状にも悩まされてきました。

お腹の調子は、夏休み以降、小康状態を保っていましたが、昨日の夜から急激に悪化してしまいました。不眠症とセットのようです。

お腹の調子に関しては、一度この状態になると、10日から2週間、ほとんど食べられない日が続きます。





昨晩、ダンナにメッセージを送りました。

腹痛.png

ストレスが原因でご飯を食べるとお腹が痛くなりご飯が食べられなくなるという症状は娘が反抗期に入った頃始まったのですが、その状態は悪化、小康状態を繰り返していました。

病院は胃腸科に2軒行きましたが、どちらからも心療内科に行くように言われました。そこで、心療内科に行って、3種類の薬を処方してもらいました。そのうちの2種類の薬はずっと飲み続けた方が安定するそうですが、調子が悪い時は病院の薬を飲み、小康状態の時は市販の整腸剤を飲むようにしていました。

私はできるだけ外食はしないようにして、食事でコントロールするようにしていました。

両親には心配をかけたくないので、全く話していませんでした。実家ですき焼きや焼肉、ステーキなどが出る時は、食べているふりをして、こっそりダンナのお皿に乗っけていました。

親しい友達とランチする時などは、「最近ストレスで胃の調子がおかしくて」とか、「今ちょっとお腹の調子が悪くて」など曖昧に話して誤魔化していました。

・・・とは言っても、娘やダンナのご飯を作らないわけにはいきません。

平日は私が食事当番です。数か月前のある小康状態の時、私は麻婆豆腐を作りました。麻婆豆腐は平日会社から帰って作れる定番メニューです。中学の給食で出るようになってから娘は麻婆豆腐を食べるようになりました。娘が中学生の頃は、辛いのがダメで、娘の分と私とダンナの分を分けて作っていましたが、娘はだんだん辛いのも大丈夫になり、同じ中華鍋で一緒に作るようになりました。麻婆豆腐の素は使わないで、豆板醬と豆板醬を使います。

自分の分は小皿に少量だけ取り分けて食べました。

ところが、しばらくして、お腹に大激痛が・・・

ダンナや娘のために麻婆豆腐を食べる事はあっても、私は、もう二度と麻婆豆腐は食べないと心に決めました。

また、娘はシンガポールカレーが大好きです。日本では、ネットでもかなり探しましたが売っていません。自分が出張に行った時や、出張に行った人に頼んで買ってきてもらえます。玉ねぎや人参などの野菜は炒めないで圧力鍋を使って柔らかくして、ココナッツミルクを入れるだけなので、これも平日の定番メニューです。

Singapore Curry.jpg

娘にリクエストされて時々作るのですが、ある時、私はチキン2本くらいと少量のカレーを取り分けて食べました。

すると、またお腹に大激痛が・・・

麻婆豆腐とカレーがダメだって事は、辛い物を食べるとお腹が痛くなるんだ

もう、辛い物は食べられないんだと思いました。

そこで、ある時、炒り豆腐だったら大丈夫だと思い、炒り豆腐を作りました。いつもは豚のひき肉を使いますが、念のため鶏のひき肉にしました。

ところが、炒り豆腐でもお腹が痛くなりました。豆腐や卵は大丈夫ですが、肉がダメでした。

私は、もう炒り豆腐も食べられないと思いました。

ある時は初めてシチューオンライスという物を買って作ってみました。すごく調子が悪い時はお粥しか食べられないのですが、白いご飯は通常大丈夫なので、丼系やご飯系は大丈夫だと思いました。ところが、肉はほとんど食べなかったのに、これもお腹が痛くなってダメでした。

一度何かを食べてお腹が痛くなるとトラウマになり、そのメニューは食べられなくなるのです。

だんだん、食べられる物がなくなる

炒り豆腐も食べられないなんて・・・

カレーも麻婆豆腐も、一生食べられないかもしれない。

もう食べられる物がなくなってしまう

私は食に対する興味も失っていました。

食べてお腹が痛くなるなら、食べたくない。食べなければいい・・と思いました。

一方ダンナは、最近料理に凝るようになりました。

土日はダンナの食事当番です。

私はダンナに言いました。私はご飯食べられないから、私の分は作らないで。娘の好きなメニューだけ作ればいいから。私の事は気にしないで。

でも、ダンナは食に対する執着は強いし、クックパッドなどで見たメニューをいろいろ試してみたくなるらしくて、次々新レシピが登場します。量も品数もつい作り過ぎてしまうのです。

私は魚、冷奴、野菜などで十分なのに、味見してと肉を煮込んだ料理など、ちょっとだけ食べてみてと出してきます。品数も多いし、そのちょっとが食べられないのです。

私はついに叫んでしまいました。

「本当に食べられないの!食べるのが苦痛なの!食べたくても食べられないの!食べたらお腹が痛くなるの!どうして、わかってくれないの?!」

ダンナはさすがに私の剣幕に驚いたのか、何も言い返してきませんでした。

「食べてって言われるのが苦痛なの!大丈夫だから。お粥とかうどんは食べられるから、飢え死にはしないから。私の事は放っておいて。私のご飯は作らないで。野菜とか適当に食べるから。」

ご飯が食べらない。

食べられる物はどんどん減り、もう食べられる物はあまりない。

このままでは、何も食べられなくなってしまう・・・

その後、また小康状態を取り戻したのですが、昨日は大激痛・・・急激に悪化してしまいました。しばらくお粥、うどん生活になりそうです。




スポンサーリンク






☆現在受付中のアンケート☆

子供の勉強が原因のプチ家出

勉強できない子供の学校説明会・オープンキャンパス

学校の提出物の期限は守りますか?

高校の赤点、補習、再試、留年の基準 について

☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事