偏差値30台。底辺まで娘の成績が落ちこぼれた経緯

大掃除では、娘のノートなど、いろいろな物を発見してしまいましたが、更にいくつかの物を発見しました。

それらを見ていると、娘の落ちこぼれた過程を思い出してしまいました。






反抗期は小6から始まっていた


私の部屋からは古い手帳を発見しました。海外出張の予定なども書いてありましたが、手帳の最後の方のページに、こんなメモ書きがありました。


11/26
塾の帰り、傘で人の事を強く突き刺したうえ、帰る道を勝手に変えた。何度も「黙れ」と言って暴れた。
注:小6の頃は進学塾に行かせていました。帰りは夜遅いので、お迎えに行っていた。

11/27
床の物をかたづけない。掃除をしてあげたのに文句を言った。

12/10
朝から「喋るな」と暴れた

12/14
チャレンジ国語12ページも残っているのに文句を言った

12/23
ドアをどんと閉めて、口答えをした

12/25
ドアで顔を殴った

1/12
ご飯の時に大暴れ

1/13
食べるラー油がない、会話が「うるさい」と暴れた
注:娘が好きな「食べるラー油」を切らしてしまった。


中学入学時は平均だった


私立中学受験に断念した娘は、地元の公立中学に進学しました。

娘の中学の入学テストも発見しました。数学は3問しかミスしていませんでした。ミスした3問は配点が大きかったのですが、数学も国語も平均くらいでした。

数学では入学テストの結果、コースを2つにレベル分けされたのですが、娘はギリギリ上のコースになりました。

進学塾ではすでについていけなくなっていましたが、公立中学入学時点では、まだ平均くらいでした。


手作りプリント


娘のために私が作った英単語の手作りプリントも発見しました。

毎日、A4の紙に1枚に収まるくらいの問題を作り、キッチンテーブルの置いておきました。

娘は自己採点をしません。問題を解いたら解きっぱなしで、それで終わりです。そこで、私が会社から帰って採点して、合っている単語だけ〇をつけました。

間違えた単語は何回か書かせて、もう一度同じ問題を解かせました。

その後、娘は個別塾の先生から、〇付けをする時は、2回、3回のペンの色は変えるといい・・・と教えてもらい、私もそのアイディアを採用して、2回目の〇は青、3回目は緑のペンというように、違う色で丸付けをするようになりました。

そして、夜遅く、次の日のプリントを作りました。

間違えた単語は、翌日の問題に入れてA4の紙に収まるように作りました。プリント1枚にしたのは、2枚だと娘がやらないからです。

会社のパソコンはプライベートには使えないので、家のパソコンで作りました。家のパソコンにはOffice(Word)が入っていないので、ワードパッドで作りました。

これは、私が毎日作っていた英単語のプリントです。

英語手作りプリント.jpg

反抗期を振り返って思う事


大掃除で出てきた物を見ていくつか感じた事がありました。

娘の反抗期は小6から始まっていたんだな・・・

反抗期の頃は、クリスマスもお正月もなかったな

学校も塾も休みのお正月休みは地獄でした。冬休みは学校の宿題が出るのに、勉強しないでスマホ、テレビ三昧、遊びばかりの娘を見てると、ストレスを通り越して苦痛でした。どうしても娘とバトルになってしまいました。

それでも、私はクリスマスはクリスマスのご馳走を作り、年末は大掃除をして、大晦日はお節を作り、毎年同じように過ごしてきました。

勉強も、娘は最初から落ちこぼれというわけではありませんでした。

中学に入学した頃は落ちこぼれではなくて、国語以外の全教科、手作りプリントを作ったり、つきっきりで勉強を教えてきたのに、成績がどんどん落ち込んでいってしまいました。

古いプリントなどを見ると胸が苦しくなります。どうしてここまで落ちこぼれてしまったのか・・・
結局、親に何ができたのか・・・

娘が1年、1年成長していったのは、振り返ってみるとよくわかりますが、勉強面に関しては、進歩どころか、退化していました。




スポンサーリンク






☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事