親戚の集まり、他の子供は皆優秀。勉強できない子供を持つと肩身が狭い

お正月は毎年、2日と3日にダンナ側の親戚と私側の親戚が集まります。





反抗期の頃は娘は親戚の集まりに行くのも嫌がっていましたが、文句を言いながらも結局は参加していました。娘が生まれてから、一度も欠席した事がありません。

反抗期でも、受験生でも、親戚の集まりには参加しました。

娘は両方のおじいちゃん、おばあちゃんに可愛がられて育ち、私抜きでも良く遊びに行ったりしますが、勉強に関しては、何も聞かれた事はありませんでした。

私は自分の親にも兄弟にも娘の勉強の話をしなかったので、娘が中学生の頃は親戚も娘が勉強できない方だとは気が付いていませんでした。

親戚から「定期テストで学年何番くらい取れるの?」と突っ込まれて、娘は困った顔で質問には答えられずに誤魔化していました。

高校に入学して、さすがに親戚一同は娘が勉強できない方だと気が付いたようですが、親戚はいい人ばかりなので、幸い、他の子と比較するような事を言ったりする親戚はひとりもいませんでした。

私は娘が中学で落ちこぼれて以来、人と子供の話をするのが苦痛になりました。

どんな話も子供の自慢話に聞こえてしまうのです。

何の取り柄もない娘・・・相手は自慢話しているつもりではないとわかっていても、自分の娘と比較してしまい、苦しくなりました。

苦しくて、苦しくて

そして、私は娘と同年代の子供がいる人と話す事は可能な限り避けるようになりました。

親戚の子供に関しては、少し違っていました。

甥とか姪とか近い親戚になると、うちで引き取ってもいいと思うくらいかわいいのです。だから、心から応援したいと思えますが、責任はありません。

母親は責任があるので子供の受験には必死だし、レベルが高い子供がいるとそれなりの悩みがあるようですが

私は心から頑張って欲しいと思えるけれど、自分の子供とはやっぱり違った形で客観的に見れるし、一歩離れて応援できます。

私は、娘より年下の子供がいる人に勉強に関するアドバイスを求められても「こうしたらいいと思う」などの意見は言わないようにしています。

責任が取れるわけではないから、内心、私の意見がちょっと違うなと思っても、相手の事は否定しないようにしています。

ブログで、私は自分がしている事を否定されて傷ついたから、私は頑張っているお母さんがやっている事を否定したり無責任な発言はしないと決めています。

例えばこんな事がありました。

上の子が小学校に入ったばかりの親戚のお母さんが、私に足し算を暗記させるべきかと相談してきたのです。

私は理系なので、足し算を暗記するなんて考えた事もありませんでした。でも、その人は、足し算を暗記した方がいいと思う理由を話してくれて、「暗記させた方がいいですよね?」「Miyuさんもそう思いますよね?」と何度も言うのです。私に相談しながら、「足し算を暗記した方がいい」という答えを求めていました。

すでに家の壁には足し算のポスターなどが貼ってあったので、そういう勉強法もあるようですが、理論から入るタイプの私は、「足し算は暗記させるべきではない」という考え方でした。でも、自分の考えを言わない事にしました。相手のやっている事を肯定も否定しない事にしました。

頑張っている人を否定してはいけない。自分の経験から私はそう思っています。

それが1年前の話でした。今年のお正月に話を聞くと、今は週に3回そろばんを習っているという事でした。近くにそろばん塾がないので、電車に乗って送り迎えをしているそうです。迷って、試行錯誤した末、出した結論。足し算暗記法が正解だったのか、そろばんがその子にとって正解だったのは、短期的に見ただけでは誰にもわかりまん。ただ、責任を持てるのはその子のお母さんだけです。

勉強できない中高生に関しても、同じ事が言えると思います。私も試行錯誤してきました。進研ゼミ+進学塾→個別塾→塾なし&スタディサプリ。つきっきりの勉強でも、ノートまとめのやり方から教える→ノートまとめをやっていると、ノートまとめだけで終わってしまうので、暗記から始める→教科書ある暗記法など・・・

親は必死になっていろいろやってみようとしますが、子供の事を実際に知っているのは親だけで、責任を持てるのも親だけなので、試行錯誤しながらもその子供に合う方法を見つけていけばいいと思っています。

ただ、小1だとまだ可能性は無限大だな・・と感じ、うらやましくなりました。最近は小学校低学年からお受験のために塾に入るそうですが、塾に入るのも競争率が高くて大変らしいです。

私の姉妹やいとこの子供とか、ちょっと遠い親戚にも娘と年が近い親戚がいます。

国立大とかT大とか、W大学志望など、非常に優秀な子が多いのですが、娘とはレベルが違いすぎていて、世界が違うと感じてしまいます。

あまりにもレベルが違いすぎると比較の対象にもならないので、話を聞いていて逆に、興味深く聞けます。

ふーん、T大の受験って、こんな感じなのかーとか。W大学の過去問英語の長文も読んでみました。私は長年仕事で英語を使っていますが、知らない単語もありました。出題元はJapan Timesなどで、文章が長いのと、思いがけないような単語が注釈なしで出てきました。その単語の意味を微妙な言い回しの英文の選択肢で選ばないといけなかったり、長文を読み取るだけでは問題を正解するのは難しいと感じました。

高校に入学してから英検3級を受け続けて、5度目の挑戦でやっと英検3級を取れた娘は、この過去問の英文を読んだとしてもチンプンカンプンだと思われました。娘の受験とはレベルが違う。別世界だと感じました。

==> 5度目の英検3級、2次試験・・担任の先生の対策と予想外の試験結果

親戚の集まりに行くと娘がよく言われる事があります。

「〇〇ちゃん、美人だね」←私の父
「〇〇ちゃんは世の中、顔で渡っていけるね。」←私の義弟

ダンナも「本気にするから、顔で渡っていけるって言うのやめてほしいよねー」と言ってましたが、ここの部分はダンナと意見一致です。

この言葉には裏があると思いました。

もし、才色兼備で、頭がいいけれど美人の女性だったら、周囲は「顔で渡っていける」なんて言わないので、

言っている人は褒めているつもりかもしれませんが、この言葉は実は褒め言葉ではなく、「頭が悪い」という事を暗示していると思いました。

娘は勉強はできませんが、不幸中の幸いは周囲に恵まれている事でした。

学校、クラスメイト、友達、先生、親戚。

親戚は娘が勉強できないという事を薄々(はっきり?)わかっていても、温かい態度で接してくれます。

お正月以外も年に数回、親戚が集まって食事などをしますが、娘は毎回参加します。親戚の集まりでは、いつも私やダンナはある程度の時間になったら先に帰るのですが、娘はダンナの実家でも私の実家でも毎年遅くまで残っています。

それにしても、親戚一族は優秀な人が多いので、娘のDNAはどこから?と考えてしまいます。




スポンサーリンク






☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事