【高3】学校の先生に面接の指導をしてもらう

また、娘のクリアフォルダーにまぎれて、メモ用紙を見つけました。

裏紙を4つに切って作ったようなメモ用紙ですが、女性の先生らしき字で、面接の注意事項が細かく書かれていました。

娘に聞いてみると、突っ込み系の質問をされた時の受け答えについて、書いてくれたそうです。





また、メモ用紙の最後のページには、大学に入ってやりたい事が書かれていました。

ボランティアを続ける
習い事を再開する

4歳から続けていて高1で辞めた習い事に娘は未練があるみたいで、私と散歩していて習い事の先生にばったり会ってから発表会のDVDを観たり、もう一度やりたい・・・という気持ちが芽生えたようです。

==> もう一度踊りたい・・4歳から高1まで続けていた習い事を再開したいと言い出す

ボランティアを続ける、という事については、深刻な人手不足で、大学生になったらアルバイトとして続けないかとボランティア先から言われているようです。

面接の練習をしてくれた先生は育休明けで、担任は持っていないそうです。

「何の教科?」と聞くと・・・

「日本史」

「あ、赤点をくれた先生か・・・」と、私は言いました。

赤点をくれた先生とは言いましたが、娘は、ほぼ全教科赤点でした。

娘は、「1年生の時の」と言いました。

娘が聞いた話によると、面接の相手をしてくれた日本史の先生は、公立の保育園には入れなくて、私立の認可保育園に子供を2人預けていて、2人で10万円かかるそうです。

娘は生後8ヶ月まで私立無認可保育園で月7万円、8ヶ月から定員8人の公立保育園に入れて、月3、4万円でした。

「先生でも、公立保育園に入れないんだ・・・」と言うと、娘が・・・

「先生とか、関係ないみたい。減点式らしいよ。」と、育休明けの先生から聞いた話をしてくれました。



☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。











スマホをご利用の方で、上のフォームでうまく送信できない場合は、こちらのURLをご利用ください。

==> スマホ専用入力フォームURL



スポンサーリンク






☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事