【高3】AO入試当日に、娘が大学のトイレで前髪を切ると言い出した

AO入試2日前・・仕事は忙しかったので、会社では何も考えないで済みました。

仕事が終わって電車に乗ると、緊張で手が震えました。

まずは台風情報・・・と思い出し、帰りの電車で天気予報と台風情報をチェックしました。





天気予報は、試験当日、暴風雨になっていました。

私は、米軍の台風情報と、気象庁の台風情報を見比べました。

どちらも、上陸は試験翌日という予報にはなっていました。

ただ、台風のスピードはわからないし、天気予報では試験日は強い雨なので、朝早めに出た方がいいと思いました。

心配なのは、娘がいつも前髪を気にする事でした。

娘は8時頃帰宅しました。

私は天気予報については話さないで、娘に聞きました。

「朝、大雨の時とかってあるでしょ?前髪がペチャンコになると、学校に行ってどうする?」

「一日中、気になって、嫌な気持ちになる。」

やっぱり・・・

「試験の日、大雨みたいだけど、前髪がぺしゃんこになったら、一日中気になるなんて事はない?」と聞くと

「ロールブラシがあれば大丈夫。あと、ハサミ持って行って、トイレで前髪切る」

「ちょっと、それはやめて!試験の日に大学のトイレで髪を切るなんて!失敗したらどうするの!」

さすがに、当日に会場のトイレで前髪を切る事は、私は反対でした。

「だいたい、前髪切ると、切った髪が流しに落ちるでしょ?!失礼じゃない!いつもママが片付けているんだよ。」

「わかった!わかった!やんない!」

面接の練習は2人の先生にしてもらったそうです。

その日娘が書いた小論文を読んでいると、漢字の間違いはゼロ、字も丁寧になっていました。娘は、問題が書きにくかったと言ってましたが、内容はテーマに合っていて、とても良くなっていました。

「ボランティアのエピソードも具体的で、とてもいいね。今日は100点だよ。」

そして、最後の問題を用意していると、娘が、

「明日は簡単なのにしてね。自信がなくなるから。」と言いました。









☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事