【高3】緊迫した空気の中、最終注意事項を伝える・・「高校受験の時より緊張している」

AO入試当日、台風が心配でしたが、何とか大学の最寄り駅に到着しました。

時間があったので、娘とコンビニに行く事にしました。






「最後に何か必要な物ない?大学に行ったらもう何も買えないよ。飲み物とかは?シャープペンの芯も売ってるよ。」

娘は、面接の本を手に取りました。

娘は、「A大学のために置いてあるのかな?」と言いました。

私は、「欲しかったら買っていいよ。」と言いましたが、「今更、かえって混乱する」と言うので、本は買わない事にしました。

そして、大学に向おうとしましたが、娘は、どこかお店で時間を潰そうと言いました。

私は、早めに大学に行って、最後の見直しをするべきだと思いましたが、娘と入るコーヒーショップを探しました。

そして、カフェを発見したので、入りました。

娘はココア、私はカフェラテ

ここで、私は、娘に最後の注意事項を言いました。

「小論文は、問題文を良く読んでね。」

娘が緊張している様子だったので、「高校受験の時とどっちが緊張してる?」と聞くと、「今の方」という答えでした。

私は、「練習どおりすれば、ぜったい大丈夫。いつも通りだよ。」と言いました。

カフェには30分くらいいましたが、だんだん、娘の緊張する空気が伝わってきました。











☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事