【高3】大学入試の圧迫面接で娘が受けた精神的なダメージ

私は、パソコンに、来週担任の先生に電話して相談する内容などをまとめました。

そして、実家から1週間分の新聞をもらってきました。





私は、両親にも、友達にも、娘がAO入試を受けた事は話していませんでした。

家に帰って、家事もそこそこに来週の分の小論文の課題を作ろうと思って・・・

最悪に備えようとすると、最悪が本当になってしまうから、まだ止めておこうか・・・

だからと言って、週末に図書館に行かないで何もしないと、問題作りが間に合わなくなる・・・

図書館で、本を予約して取り寄せもしたいし・・・

でも、結果も出ていないのに最悪に備えるのは、良くないだろうか・・・

私はジンクスを信じる人でした。

ダンナにも、大学関係のプリント、パンフレットはいっさい捨てないで!と言ってました。

ダンナに、「私はジンクスを信じるの!右足から先に出すとか!」と言っておきました。


疲れた。

苦しい。

投げ出してしまいたい。

私は、自分の仕事などでは、「転んでもただでは起きない」と言い聞かせてきました。

娘の事は、転んだらかわいそうだと思い、できるだけ手を差し伸ばしてきました。

娘は、もしかして、挫折感を味わった事がないのではないか・・・・

中学の時は、私立単願で、10月には確約をもらいました。

ところが、AO入試では、なぜ〇〇高校にしたのか?という事まで聞かれたそうです。

娘は私と同様、娘の通う高校はとてもいい高校で、先生方もとても面倒見が良くていい先生が多いので、娘はそれを伝えたそうですが、突っ込み、突っ込みで、何を言っても否定されてしまったそうです。

初めての面接で、圧迫面接

娘は、精神的に相当ダメージを受けていました。

もう、嫌になった・・・と・・・

担任の先生には、娘が受けたダメージと、本人をもう一度やる気にさせるにはどうしたらいいか、相談するつもりでした。












☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事