【高3】Fランク大学の事前レポートを速達で郵送

志望校A大学の合格発表数日後、私はD大学のエントリーシートを出しに郵便局に行くため、急遽、在宅勤務にしてもらいました。子供の受験など、プライベートの事情は話したくないので、詳細は上司には話しませんでした。

私の不眠症は復活し、夜中の3時に中途覚醒し、朝6時前に起床しました。





娘はその日、D大学のオープンキャンパスに行く事になっていました。併願OKのD大学は、娘が高校でパンフレットを見つけてきた翌日にエントリーシートとレポートを書き、Webエントリーと、異例の早業でした。

レポートは担任の先生に添削してもらった部分を私がパソコンで修正し、印刷しました。

また、表紙もつけなければならないので、表紙も私がパソコンで入力しました。

レポートも表紙もフォントや文字の大きさなどの装飾は一斉しないで、同一フォントを利用しました。

娘はパソコンが苦手なので、変に手の込んだレイアウトにしてしまうと、親が入力したとバレてしまうと思いました。

大切なのは内容だと思いました。

表紙もレポートも同じ文字の大きさで同一フォントなので、レポートはそっけなく見えましたが、手書きより読みやすくなっていました。

なぜか、娘が手書きで書いたレポートを読むより、パソコンで入力した文章を読んだ方が、ちゃんとしている文章のように感じるのです。

同じ文章でも、娘の汚い字か、パソコンで入力した文字かで、全然違うように見えるのです。

また、パソコン入力では微妙な言い回しなども気がつきやすいし、修正も簡単です。

私は娘を朝7時前に起こしましたが、なかなか起きないで、7時10分頃、ようやく起きました。

私の始業は朝9時ですが、仕事が忙しいので朝7時半に在宅勤務開始。

朝8時、私は娘に不合格だった第一志望A大学の対策をするように、娘に言いました。

Fランク大学であるD大学はWeb出願も事前レポートも終わったので、不合格だったA大学に再度チャレンジする準備を始める事にしたのです。

滑り止めのつもりのD大学の入試だけに集中する事はできません。

立ち止まるわけにはいかないのです。

仕事の休憩時間に自転車でひとっ走りして、家から5分くらいのところにある郵便局に行き、速達でレポートを送りました。













☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事