落ちこぼれ・・大学入学後の懸念、大学の評価基準は意外と大変?

私は、娘の大学受験を全面的にサポートして、私のできる事は全てやろうと決めていました。

大学入試のための事前レポートも全面的に手伝いました。






不合格だったA大学のためには、数えきれない程何度も図書館に行って、参考文献を集めました。

図書館は全部で三カ所行きました。

ダンナと行った事もあって、手分けして資料を探しました。

Fランク大学であるD大学のレポートを書いたのは娘ですが・・・参考文献などは不合格だったA大学のために図書館に通って集めてコピーしてファイリングしておいた資料から探し出しました。

でも、ひとつ心配な事がありました。

大学に入学できたとして、無事、卒業できるのだろうか?

高2の時、娘とB大学のオープンキャンパスに行きました。

その時配られた資料の中に、成績評価の基準が書かれていました。

その紙によると・・・

各教科で59点以下は不合格

さらにGPA(Grade Point Average)というものがあって、評価がA、B、C、D、F(Fail)として、D(69点から60点は)1で、卒業のために必要なGPAは1.5以上とか。ほぼ全教科でギリギリ単位を取れたとしても、GPAが基準値を満たさないと、卒業できないのです。

高校では、赤点を取ったら補習や再試がありましたが、大学では単位を落としてしまいます。

また、大学のカリキュラムを見ると、取らなければならない教科が意外と多いのです。

私自身は真面目に勉強する方でしたが、娘の場合、60点ってかなり大変じゃない?と思いました。

娘の場合・・・

中学で、3年間を通して200点(5教科)を越えたのは、私の記憶では1回?2回?

高校でも一桁とか赤点(30点以下)9教科とか取っているのに

大学では60点以上取らないと単位が取れない

筆記試験が苦手な娘が、大学に入って全教科で60点以上取れるのだろうか・・・?

それが、最大の懸念でした。

それに、娘はスマホは使いこなしていましたが、パソコンは全く使えませんでした。

高校でも情報処理の授業や実習などがあったようですが、友達に頼っていたようです。

家にパソコンがあっても、全く興味も持たないというか、パソコンを使っているのを見た事がありませんでした。

大学に入ったら当然レポートなどの課題は数多く出るだろうけど、自分でパソコンを使ってレポートをやるようになるのだろうか?

大学によって、評価基準は違いますが

どこの大学にしても、評価基準はあるはず

大学に入れたとしても、卒業できなければ意味がない

本人は絶対に四年制じゃないと嫌だと言っているけれど

その点が心配でした。













☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事