【高3】「昨日の悲劇から立直った」・・娘の明るさに救われる

三者面談の日、私は娘と2時前に高校で待ち合わせしました。





娘が珍しく先に来ていました。

娘は、「エントリーシートの清書できたよ」と見せてくれました。

学校で、エントリーシートの清書を終わらせたようです。

エントリーシートに関しては、A学科の時は担任の先生に添削してもらいましたが、今回は添削してもらわずに清書を進めていました。

志望動機などの内容は、娘がB学科に合わせて変更しました。

また、A学科の場合、エントリーシートに志望学科の准教授の名前を書くように担任の先生に勧められて書いたのですが、今回はあえて書かないことにしました。

==> エントリーシートに大学の先生の名前をフルネームで書くべきか?


「昨日の悲劇から立ち直った」と言うので、「不合格の悲劇でしょ」と私が言うと、

娘は、「昨日の、書き直し」と言いました。

ああ、学科名を間違えて、「ママのせい」って言った事か・・・と思いました。

娘のいいところはあっさりしていて、根に持たないところ

くよくよと悩まないで、すぐに立ち直るところだと思いました。

私は何度も、娘の明るさに救われました。

前回不合格だった時も、エントリーシートの清書を書き直しになった時も

娘はしばらくすると、「立ち直ったよ」と明るく言いました。

==> 面接の失敗と精神的打撃から立ち直る

そして、しばらくして担任の先生が来て、三者面談になりました。









☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事