【高3】 面接の失敗の原因を分析・・予想問題 VS 実際に聞かれた質問

三者面談で、私は担任の先生に、前回の面接の直後に娘に書かせた紙を見せました。

A4のレポート用紙に手書きで、実際の面接で聞かれた内容が書いてありました。





面接の前に高校から面接予想問題をもらいましたが、実際の面接で予想問題から出た質問はほとんどありませんでした。

予想問題で、「あなたの学校の特色を説明してください。」「あなたの高校を紹介してください。」という質問がありましたが、実際に聞かれたのは、何故今の高校に行ったのかという事だったそうです。

娘は高校の良さを説明しようとしましたが、執拗に、何故、その高校を選んだのか執拗に聞かれたそうです。

娘は中学でほぼオール2という成績で行ける高校がなく、隣の県の高校に模試の偏差値だけで単願推薦で入ったのです。娘が勉強をしないで、楽をして高校に入った事まで面接官に見抜かれてしまったのだと思います。

予想問題から出た質問は、「最近のニュースの中で最も興味深かったことは何ですか?」でしたが、実際に聞かれたのは、気になったニュースではなく、「毎日、新聞は読んでいますか?」だったそうです。

そして、何故、毎日新聞を読んでいないのか聞かれたそうです。

「最近のニュースの中で最も興味深かったことは何ですか?」という質問は誰もが予想できる質問なので、面接者は質問の仕方を変えて突っ込んだ聞き方をしたんだと思います。

予想問題の「赤点、評定1が目立ちますが、その理由を説明してください」というような事は聞かれたそうです。

ボランティアなどや高校でがんばった事は全く聞かれず、成績の事ばかり聞かれたそうです。

娘はこれからがんばりますと答えたそうですが、入学まで努力できるのか?

大学に入学してからついていけるのか?

ずっと成績の事ばかり聞かれて、

娘は、「何を言っても否定してくる」

「責められている」と感じたそうです。

また、全く予想外の質問としては・・・


・台風の目は右回りですか?左回りですか?
・干支を言ってください

・・・という質問でした。

その日は台風が接近していたので、接近中の台風は台風何号かという事を娘に伝えていました。

台風に関する質問はされると予想できましたが、まさか右回りか左回りかと聞かれると思っていなかった娘は、答えられなかったそうです。

そして、致命的な事に娘は干支を言えませんでした。

台風の目や干支について聞いてきた面接者の意図としては

・一般常識があるか
・突然予想外の質問をされた時の反応

・・・などを見ていたと考えられます。

また、答えにくい質問ばかりして相手をどんどん追い詰める事によって、娘の本質や本性を暴き出す事が目的だったと考えられます。

娘は短時間の面接で、見事に、勉強しない、基礎学力がない、努力しないタイプという事を見抜かれてしまいました。











☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事