【高3】担任の先生と志望校の最終確認・・「次回は別の大学を受けて落ちた上の層が受けるので難しい」

三者面談・・担任の先生と、前回A大学が不合格だった理由と、娘が書いた紙を見ながら、前回の面接について話し合った後、今後の話になりました。

すでにFランク大学のD大学にWeb出願してしまった事は娘を通して担任の先生に伝えていましたが、D大学は担任の先生も「お勧めしない」と言っていたし、あくまでも滑り止めでした。







担任の先生は気になる事を言いました。

やっはりA学科の2回目を受けても、次回は別の大学を受けて落ちた上の層が受けるので難しいという事でした。

私は、「それはA学科の事ですよね。B学科は可能性がありますよね。」と言いました。

担任の先生は、娘に、本当にB学科でいいのか、志望学科を変更する事について、娘の意志確認が行われました。

B学科でも娘の希望する資格は取れますが、A学科とは雰囲気も、カリキュラムもかなり違ってきます。

担任の先生に、本当にいいの?というように念を押された娘は

いいです、と頷きました。

本人の意思確認を行い、A大学のB学科を受けるという事が本人、担任の先生、そして保護者の私の共通認識となりました。

担任の先生は、A大学は、「品がある」と言いました。

そして、Fランク大学であるD大学の面接が差し迫っていたので、D大学の話になりました。

D大学はA大学が不合格になった直後にエントリーしてしまったので、そのまま受けるという流れになりました。

金曜日から水曜日まで面接の練習をしてくださる事になりました。













☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事