【高3】パニック・・暗証番号が思い出せない

娘の受験でオーバーフローになった私は、毎日開けている郵便ポストを開けられなくなってしまいました。

4桁の暗証番号はメモしていないし、いつも指が覚えているのです。

いつもは一回で開けられるのに・・・





7、8回やっているうちに、ようやく開きました。

でも、いつもの指の感覚で回したので、何番で開けたのか、わかりませんでした。

あれ?何番だったっけ?

まさか・・・健忘症?

パニックになった私は、もう一度、ポストを開けようとしました。

そうしているうちに、マンションの老人の人がポストを開けに来ました。

まずい・・・

お年寄りでさえ、ポストを開けられるのに・・・

私はもう一度、番号でポストを開けようと、いろいろな組み合わせでやってみましたが、開きません。

5、6回やっても開かないので、今度は指の記憶で開けようとしたら、開きました。

その番号をメモしました。

やっぱり、疲れているんだ。

不眠症もあって、あまり寝てないし。

脳が悲鳴をあげて、拒絶反応を起こしているんだ。

娘のレポート、エントリーシートの添削、仕事はこなしているから、脳はちゃんと働いているはずなのに・・・

ポストが開けられない・・・!

電話番号や様々なサイトのパスワード、会社のパスワードは思い出せるのに・・・

ポストの番号が思い出せない!

娘のA大学A学科の受験前から、本当に忙しくて、私はパニックに陥ってしまいました。