【高3】「予想外の質問は1つもなかった」・・面接時間は約30分

A大学、B学科受験後、合格結果待ち

娘は、「早く結果が出て欲しい」、「もし、ダメだったらダメで、次に向けて動くし・・・」と言いました。

私は娘と夜のジョギングに行きました。





前回のAO入試では、「面接が一番自信ある」と言っておきながら、成績が悪い事について厳しく追求されて不合格になったので、娘は謙虚になっていました。

娘の話によると、A大学B学科のAO入試の面接は、1回目と違って、出された質問は全て、高校の先生と練習した質問ばかりで、予想外の質問は1つもなかったそうです。

そういう意味で、「普通の面接だった」と、娘は言いました。

1度目の面接が、全くの想定外の質問ばかりでした。

所要時間は30分くらいで、前回よりもずっと長かったそうですが、長いとは、感じなかったようです。

とにかく、結果がわからない状態は、私にとっても、娘にとっても宙ぶらりん状態でした。

娘は近くのグランドを3周走りました。私は1周でダウンしてしまいました。

建物内の椅子があるところに座って休憩した時、私は、娘が中学生の時、喧嘩して、よくここに来た事を話しました。

反抗期の真っ只中の時、バトルになるとお互い止まらなくなるので、とりあえず私は家を飛び出して、いろいろなところに行きました。

財布も持たずに家を出た事もあったので、椅子のあるこの場所は、時間潰しにもいい場所でした。

また、娘は、スイミングを始めようかな?と言い出しました。水着は中学校の時のスクール水着でいいそうです。

私は、「入る?肩とかキツいんじゃない?」と聞きましたが、娘は「大丈夫」と言いました。

また、高校の話もしてくれました。梅雨時から、食中毒が心配な事もあって、お弁当は休止していました。また、普段も毎日は作れないのですが、コンビニ行くと安さに魅かれて、お昼を菓子パンとおにぎりにしてしまうという話を聞いて、毎日お弁当を作れない罪悪感と心苦しさを感じました。

「大学は学食あるから、野菜とかも食べるようにしてね」と私はいいました。









☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事