【高3】 結果待ちの間、遊びに出かけたけれど、泳がせておく事にする

その日は日曜日、娘はダンナ側のおばあちゃんに買ってもらった膝下スカートを着て、上は長袖の羽織物を着ていこうか悩んでいました。

「大学生になったら、Non Noを隅々まで読もう」・・・と娘は言いました。





とにかく結果が出るまでは泳がせておこうと思いながらも、「学校の勉強もちゃんとやってね。英語表現、今度は落とさないでね。」と釘を刺しておきました。

「受験生なのに、よく遊ぶ友達いるね」と私が言いました。すると、娘の話では、すでにもうAO入試で合格が出た友達もいるそうです。

娘のクラスでは、一般入試希望だったのに志望校を変更して、AO入試にした子も2、3人いるようですが、ほとんどの子は、一般入試による受験を目指してがんばっていました。

娘が遊びに出かけると、ダンナは、「何か、ロボットみたいな格好で出かけたね。」

・・・と言いました。

娘のおしゃれが、ダンナにはロボットのように見えたようです。私は、娘には絶対に言わないでね!とダンナに念を押しました。

私は、この1ヵ月、取りつかれたように、娘の受験について時間を費やしていた・・・と、あらためて思い起こしました。

私が時間を費やしても仕方ないのに、何かやらずにはいられなかった・・・

仕事をしていなかったら、気が狂っていたかもしれません。

新聞は私しか読まなくなりましたが、新聞を読むのも、「読まないと」という切羽詰まった思いではなく、普通に読めました。

娘は、夜8時頃帰宅しました。













☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事