私の人生の分岐点② 大学4年生、履修3週間で授業についていけなくなる

大学3年生で別の大学に編入しようとして、編入試験に落ちた私は、入学した大学に留まる事にしました。

そして大学4年生になりました。

一般教養などの必修科目はほとんど取り終えていましたが、専門分野はより難解になっていました。






専門分野で、私はある選択教科を取る事にしました。

その講義には、前提条件があって、その科目を取る前に取らなければいけない科目がありましたが、私は取っていませんでした。

例えばですが、「解析学」では、「微分方程式」、「常微分方程式論」、「偏微分方程式論」、「確率微分方程式論」などの科目があって、取る順番があります。

前提条件として必要な科目は取っていませんでしたが、履修登録はできたし、何とかなると思っていました。

担当の教授の講義は取った事がありました。

ところが、いざ、授業が始まってみると、私は全く授業についていけませんでした。

課題をこなし、小テストのために必死に勉強しましたが、完全に授業についていけませんでした。

ちゃんと順番通り科目を取って、毎回授業に出ていてもついていくのはギリギリだったので、前提条件をすっ飛ばした事に無理がありました。

でも、4年生なので、絶対に落とせない科目でした。

私は胃に穴があきそうな程、悩みました。

私の両親は当時は厳しくて、留年は絶対に許されない雰囲気でした。

今でも、この時の事が夢に出てきて、うなされます。

何十年もたっているのに、トラウマになっているのでしょうか・・・









☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事