私の人生の分岐点④ 就職活動・・大学の専門分野から離れたい

私の次の人生の分岐点は、今の会社に入った事だと思います。

勤続、二十数年になります。





大学の専門課程で優秀な人が大勢いる事を知り、その分野で自信をなくした私は、就職活動をするにあたって、大学で専攻した分野から離れたいと思うようになりました。

専門分野は理系だったので、就職活動をしていても、どの会社も技術系になってしまいましたが、私は技術系以外の仕事ができないかな・・と思うようになりました。

専門分野以外の仕事とは、あまり思い浮かびませんでしたが、企画とか・・・って、漠然と考えました。

営業はできないので、企画などと思ったのです。

今思えば、甘かったのですが

ところが、どこの会社も、履歴書に書かれた私の大学の学部、学科を見ると、企画などの仕事で採用してくれる会社は一社もありませんでした。

現在も働いている会社の面接は3次面接もあって、面接官は日本人と外人でした。

面接は全て英語でした。

訛りのある英語でしたが、何とか面接はこなして、とんとん拍子に話は進みました。

私は技術系配属が前提として、話は進んでいました。

企画などの部署に行ける可能性はゼロでした。

内定が決まってから、私はもっと人と接する仕事がしたいのではないかと思いました。

でも、この会社に入社した場合、職種はもう決まっているようなものでした。

私は内定を辞退しようと考えました。

当時、就職活動の相談に乗ってくれたアドバイザーの人にも、「辞退したい」と話しました。

ところが、私が「辞退したい」と申し出た事をアドバイザーの人は伝えないで、様子を見ようと考えたようです。

お給料などの条件も良く、とんとん拍子に話が進み、私は入社する事になりました。

現在も働いている、今の会社です。

成り行きに任せて入社しましたが、入社してから、私にはやはり企画など他の仕事はできないという事がわかりました。










☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事