【高3】いつまで働き続く事ができるのか・・70歳、定年説

検定料の振り込みをした翌日も願書を送るために有給を取っていました。

翌朝、せっかく有給を取ったのに仕事が溜まっていくのが気になっていました。

休み明けは、海外からのメールが山のように届くのです。







休み中にメールに応答してしまったら、返事の返事を期待されて休みにならないので、社内メールは開けず、朝7時過ぎから会社でやらないといけないE-Learningの続きをする事にしました。

そのE-Learningのコースは全部12モジュールがあって、それぞれに10問くらいのテストがあり、最後に"Final Exam"というものがありました。

専門分野で、ビデオもテストも全部英語でした。

このコースは何週間か前から、コツコツとやっていたので、12モジュール全部終わりました。

そして、Final Examを始めると、全部で30問ありました。

30問もあったら、適当に答えていては、当たりません。

英文の問題は難しく、大量のE-Learningの中から回答を見つけなければなりませんでした。12あるモジュールの中のどこにあるのかすらわからない問題もありました。

私はとにかく、テストにパスしなかった時のために画面スクリーンコピーと、問題文をファイルにコピーしました。

ただし、E-Learningでは、2回目のテストの時、前回と全く違う問題が出題される事も多いのです。

1問、1問に時間がかかり、私は焦ってきました。

有給を取っておいたのは良かったけれど、本当は朝一で郵便局に行って願書の書類を送るつもりだったのです。

私は自分の立てた予定通りに物事を進めたい性格で、予定通り行かないとイライラしてしまうところがありました。

E-Learningでは、コースによっては、9割とか、8割取らないとパスできないので、30問中、ほとんど落とせませんでした。

何はともあれ、集中力が必要でした。

仕事中は海外からの国際電話や、急ぎのメールの催促が多いので、何はともあれ、勤務時間中だと余計焦ってできなかったかも・・・と思いました。

私は、1問、1問をトレーニングの資料から解答を探し出し、慎重に答えていきました。

それでも、何問か落としてしまいました。

E-Learningも、ストレスでした。

家だったので、叫び声をあげてしまいました。

入社20数年間、会社のE-Learningがこんなに増えてきたのはここ数年間ですが、それでも以前の私は難なくこのようなタイプのE-Learningをスラスラ解けました。

それが、今は、年齢のせいか集中力が落ちているのか、新しい事が覚えられなくなっているのか・・・

問題が難しかった・・・というのはありますが、1問1問を受けるのに、動悸、息切れがしてしまい・・・



たかが、E-Learningなのに



私は、「落ち着いて。もし今日パスしなかったら、もう今日はやめて、来週にしよう」と自分に言い聞かせました。

自分でキリをつけておかないと、同じ日に30問のテストを受けても、2回目は更に集中力が落ち、結果は悪くなっていくのがわかっていました。


がんばれ、あと10問・・・



あと5問・・・



資料が英語・・・という事は関係ありませんが、1問、1問の答えを探すのに時間がかかってしまいました。



あと3問・・・



そして、ついに終わりました。結果は、75%くらい取れていて、超ギリギリ、パスしたようでした。



ところが、次にやらなければいけないE-Learningは更に難しそうでした。

つい何日か前にダンナが「70歳、定年」という話をして、「70歳まで働けって言われても、たいへんだよね。眠くなっちゃうよね。」と言ってましたが、私は70歳まで同じ会社で働き続けるのは難しいと感じました。

60歳過ぎたら、脳も衰えてきて、こういう事とか、できない事、ついていけない事が増えていくのではないか・・・


私は会社のパソコンをシャットダウンして、願書を出しに行く準備をしました。














☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事