節約の話をするたびに逆切れするダンナ

休みなどで家にいる時間が多くなると、どうしても夫婦喧嘩になってしまいます。

平日の喧嘩の原因は、家事の押し付け合い
休日の喧嘩の原因は、お金に関する事が多いような気がします。






私の頭の中では漠然とした不安があります。

いつまで働けるかわからない

もちろん、可能な限り、働き続ける努力は最大限にするつもりだけど

ストレスと戦いながら、働いています。

このご時世、何があるかわからない

将来何があるかわからないから、もっと貯金をしたい

貯金をするには節約する必要がありますが

お坊ちゃん育ちのダンナは「節約」という概念がありません。

節約の話になると機嫌が悪くなるし、

節約の話になると逆ギレします。

いくらダンナの実家がお金持ちでも、親世代とは違う

「何があるかわからないし、節約しないと、お金は空から降ってこない」と言っても、ダンナにはわかってもらえません。

ダンナは節約なんてする必要ないと思っているし、節約したくないし、私に「節約」と言われるのが嫌なので逆切れするのです。

ダンナは新しいゲームとか電気製品が好きで次々買ってきますが、すぐに飽きてしまいます。

我が家は何故か食費もかかっています。

私は小食だし、週に1度は実家から差し入れをもらっているのに

異常にエンゲル係数が高いのです。

男の人が料理をすると、材料費に凝ったり、やたら高い材料を買ってくるという傾向はあるようですが

休みの日は毎日スーパーで買い出しに行っているのに、先日のダンナが出したレシートを見てみると8050円。

レシートを分析してみると、米などを買っているわけではないのに、なぜかこの値段。

ダンナもお酒はほとんど飲まないので、お酒なども買っていません。

何でこんなに高いのかなぁ・・とレシートをよく見ると、同じ物を買っている事が判明

例えば、我が家では生姜は常備していますが、チューブに入ったおろし生姜も併用しています。

私が食事当番の時は、時間があれば自分で生姜をおろしますが、時間がない時はチューブを使います。

ダンナが出したレシートを見ると、生姜やコショウなど、すでに家にある物を買っていました。

新しく買った調味料をしまう場所は、娘がテスト前にキッチンの配置変更した時に作ったのですが、そこに置いたのを忘れて買ってしまったようです。



なんと・・・

コショウ6個
コショウ.JPG


しょうが3つ

しょうが.JPG

カレー粉 3つ

カレー粉.JPG

封が開いている塩 2つ

塩.JPG

使った調味料を同じ場所に戻さないので、いざ使おうとするとき見つからなかったりするし、新しく買ってきた食材をしまい込んで、買った事を忘れてしまうのです。

節約の第一歩として、収納場所を分かりやすい場所に変えました。








☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事