IBSに貧血、ご飯が食べられない時は・・

私のお悩みは、IBSであまりご飯が食べられない事です。

食べないと体重が落ちてしまうのですが、娘に話すと「自慢」とか「嫌味」と言われてしまいます。

ダイエットをしている娘にとって、「体重を増やしたい」、「痩せないようにしたい」という事が理解できないようです。







IBSは家族にもカミングアウトしいません。

IBSに関しては、完全に食事でコントロールしています。

肉は食べないで、魚と野菜と炭水化物の生活です。

貧血に関しては、今のところサプリや薬に頼らず、食事でカバーするようにしています。

最近、いくつかはまっていて頻繁に食べている食品があります。


大豆ミート


何年か前に自然食品の店でダンナとランチして、大豆ミートの存在を知りました。



平日は私が食事当番なので、私が料理する時は大豆ミートを使います。

例えば、チリコンカンを使ったタコライスなどはひき肉と5:5の割合で、大豆ミートを使います。



他にチリビーンズやトマト缶やスパイスなどを入れるので、実は大豆ミートが入っているなんて全然わかりません。

あと、麻婆豆腐などもひき肉とミックスします。

IBSになってから、辛い物は食べられないので、白麻婆豆腐にしています。


ほうれん草、小松菜のお浸し


ダンナがほうれん草のお浸しや小松菜のお浸しを頻繁に作ってくれます。

ほうれん草は毎朝食べています。


美酢


最近一番好きな味は、レモン味です。



二番目はカラマンシーです。



自家製ホットレモン


レモン一個をカットして、ペットボトルなどで売られている100%レモンジュースに漬けて、麦茶などの容器に入れます。

お湯やルイボスティーなどと割って飲んでいます。

レモネード.JPG

お腹の調子が悪いとコーヒーも飲めないので、レモン割りはお腹にやさしく、水分補給もできます。











☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事