【高3】やっぱりダンナは無関心・・入学手続き

合格発表の通知が入った封筒には、入学手続きについて書いた紙も同封されていました。

入学手続き期間は、内定時期によって分かれていて、娘の場合は12月の中旬ぐらいまででした。






後回しにしていると忘れてしまったり、何が起こるかわからないので、私は初日に有給を取りました。

ダンナと娘には、入学金を振り込みに行くと宣言していましたが、無関心のようで、聞き流されてしまいました。

これを忘れたら、入学意志がないものと見なされるので、大切なのに・・・

そして、朝一で、近所の銀行へ行きました。

私のお給料口座から引き落としたいと思っていましたが、他の銀行だったので、ATMから引き落として、窓口で振り込む事にしました。

ところが、金額が大きかったせいか、「1日の限度額を超えています」と出てしまい、ATMからは引き落とせませんでした。

仕方ないので、私は一度家に帰って、その銀行の自分の口座のカードを取りに行く事にしました。

ダンナの銀行カードも私が管理していましたが、ダンナの口座は家のローンや光熱費などが引き落とされるので、念のため100万くらいは残すようにしていました。

一度家に帰り、銀行カードを取り、再び銀行に歩いて行きました。

無事、窓口で入学金の振込みはできました。



私はどっと疲れが出ました。



まだ、朝なのに・・・



精神的な疲れでしょうか・・・



その日は有給を取っていて、やる事と言えば、スーパーに行って、その日の夕食を作る事。そして翌日の出勤のために、翌日の夕食の下ごしらえをする事くらいでしたが・・・



私は、どっと疲れてしまい



その日の夕食と翌日の夕食の準備は予定通りやるつもりでしたが・・・



今日は、もう・・・



明日からは、また仕事がんばるから・・・



力が出ませんでした。



入学手続きを終わり、一通り、私の任務が終わった感じでした。

もちろん、これからも学費の振込みはあるし、娘が大学に入ってから、パソコンがわからないとか、何を言い出すかわかりませんが・・・



私はずっと思ってきました。



もし、私が交通事故に遭ったり、不治の病に罹ったりしたら、ダンナは入学手続きすらしないのではないか・・・

娘の受験は、私じゃないとできない。



私しか、娘の受験をできる人はいない。

私がいないと、娘は大学に入れない。



そう思いながら、気が張っていましたが、ここまで来ると私がいなくても、本人次第で、何とかなりそうな段階までたどり着きました。



長かった・・・



合格がゴールではない事は、高校受験の経験からもよくわかっていますが・・・



疲れた


本当に疲れた



そういう思いでした。














☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事