【高3】 ダンナ、パン屋さんをやりたいと言い出す

娘の高校卒業が近づくと、私は、子育て終わりが見えてきたと感じてきました。

ダンナも私も定年まではまだ時間がありますが、私はつい、リタイア後の事についてダンナに話す事がありました。






ずっと夫婦の間には娘がいたので、将来娘が独立したら、夫婦はどんな形になっていくのか・・

ダンナと2人で旅行とかも考えられませんでした、

ただ、ニュースとか見ながら、「今の時代、70歳まで働かないとね。でも、そんなに会社いられないね」・・・と言ってみたら

ダンナはそんな先の話、想像できないのか、定年後の話については、全く反応しませんでした。


ところが、ある日、「定年したら、パン屋さんをやりたい」と言い出しました。

ダンナがパンを作るようになったのは、娘が高2の秋頃です。

それからパン作りにはまり、週に3回くらい作るようになりました。

パン作りの腕もどんどん上がっていきましたが、習ったわけではないし、

それに近所にはパン屋さんはたくさんありますが、ダンナのは素人の道楽に過ぎなくて

けっこう本気で考えているみたいで、困ってしまいました。












☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事