【高3】受験生の娘、クリスマスイブのお出かけ・・「怪しい」とダンナ

クリスマスイブ、娘は念入りに髪の毛をセットしていました。

スカートと何故か私の白いセーターを着ていました。





「その白いセーター、ママのだよ」と言うと、娘は、ママが着ないから、もう自分の物だと言いました。

私がアウトレットで買って着なくなった白いセーターでした。色は雪のように真っ白で、素材はフワフワしているのですが、若向きようなのか短いのと、ぴっちりしているわりに肩幅があって、シルエットが気に入らなくて着なくなったのです。

そして、朝10時頃出かけて行きました。

ダンナと私は、軽く大掃除をしました。

ダンナは、「何も語らないから、怪しい」と言いました。

高1から付き合っている彼氏とは、細々と続いているようでした。

娘は、誰とどこへ行ったか、詳細を語る日もあれば、全く語らない日もあるのです。



個別塾の女子大生先生のAちゃんと、買物にXXに行った

クラスの友達4人と集まって、お昼にたこ焼きを作って食べて、チョコレートケーキを焼いた。弟がいて、一緒に遊んだ。

イベントスタッフのバイトで、〇〇ドームに行った。XXを販売した。



・・・など、妙に詳細を語る時もあれば、全く語らない時もあります。



娘が何も語らない時、ダンナがしつこく「どこに行くの?」、「何時に帰って来るの?」と娘に聞く事もありますが、私は娘が語らない時は、できるだけ何も聞かないようにしていました。

精一杯のおしゃれをして出かけた娘の事を、ダンナが、「ロボットみたい。フルアーマーガンダムとか、ヘビーガンダム。」

娘が着て行った白いセーターは、ダンナにとってはガンダムに見えてしまったようです。



クリスマス・イブの夜は、娘のリクエストでステーキにしました。

私は肉はあまり食べられないので、前日の残り物にしました。

そして、プレゼント交換をしました。

娘から私のプレゼントは手袋、ダンナのプレゼントは、走る時に首に巻くネックウォーマーでした。














☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事