【大学生】落ちこぼれ女子大生になる 講演会③ 勉強しない子供を持つ過保護気味な親

講演会は確か90分とかだったと思いますが、話に引きもまれてあっという間でした。

勉強しない子供を持つ過保護気味向けの保護者を対象とした講演会ではないかと思う程、共感できるエピソードが多くありました。






講演会で配られたプリントでは、現在の社会背景や生涯未婚率や離婚率などのデーターもあり、女性の一生を考えた場合、時代も変化しているので、やはり娘に手に職をつけさせなければならないと再認識しました。

また、女子大生の中にはお水のバイトをする子がいて、バッグなど持ち物が変わるので周囲はわかるそうです。

水商売のバイトはさせないように気をつけるべきという話でした。

お水のバイトにハマってしまうと金銭感覚が変わってしまったり、人間関係が悪くなったり、大学中退したりする事もあるので、娘がもし水商売のバイトをしている気配があったら、その時は身体を張って止めよう・・・と思いました。

就職活動に関しては、保護者が子供が就職活動をしている企業にまで電話をしてしまおうとする保護者もいるというエピソードが語られました。

私もさすがに電話まではしないけれど、娘が就職活動をする時は大学入試の時みたいに履歴書の下書きから手伝ってしまいそうだな・・・と思いました。

就職活動に関しては、保護者が企業に連絡してしまうというのはNGという事(常識かもしれませんが、私も暴走してしまうとやりかねない)が、やんわりと語られました。

それにしても、大学に入学してしばらくするともう就職活動の話になりましたが、保護者としては何ができるのか、どこまでするべきなのか考えさせられました。













☆勉強しない子供に悩んでいる方の体験談を募集しています。==> 体験談を投稿する

ブログランキング・にほんブログ村へ
☆応援クリックお願いします☆

メッセージを送る(☆同じ悩みを持つ方限定☆)

先月の人気記事

最近の記事