反抗期の娘に言われて傷ついた言葉・・「生理的に受け付けない」

娘のお泊りを阻止しようとした私は担任の先生に電話しました。 担任の先生は娘の携帯に電話して説得をしてくれたようですが、娘は私が担任の先生に電話した事に激怒したようでした。 娘から送られてきたメッセージは暴言の嵐でした(詳しくはこちら)。 「生理的に受けつけない」とも書かれましたが、この言葉は、娘が中学校に入ってから、私に対して度々使うようになりました。 …

続きを読む

【高1】反抗期の娘、暴言の嵐

私が必死に止めるとを聞かず、置手紙を置いて、家を出てしまった娘(詳しくはこちら)・・・ 自転車で追いかけましたが、娘を止める事はできませんでした。 娘のお泊りを阻止するために、私は担任の先生に電話しました。担任の先生は、娘の携帯に電話してくれて説得してくれたようで、娘からメッセージが届きました。 娘からのメッセージです。 原文のまま …

続きを読む

外資系企業で働くと、メンタルを潰されてしまうのか・・

先日の通勤電車でオンラインニュースを見ていると、『外資系企業で働いても「メンタルを潰されない人」の3つの特徴』という記事に目が止まりました。 けっこう当てはまる・・・と思ってしまいました。 私の場合、勤続20年以上と勤続年数が長いので、企業文化に関しては、自分の会社の文化が当たり前のようになってしまってるので、実は日本企業との違いがよくわからないのですが、妙に納得…

続きを読む

反抗期の娘とバトルになって、プチ家出

娘が反抗期の真っ只中の時、私は幾度となくプチ家出をしました。 娘は時々、手紙書いてくれました。 1回目のプチ家出 中学入学して、急激に、娘は酷い反抗期に突入しました。 娘が中1の頃、娘激しいバトルになり、私は初めてのプチ家出しました。 最初の1回はさすがに娘も心配したらしく・・・ 早く帰ってきて。 ママが消えた。 ・・というメー…

続きを読む

【高1】お泊りの相手の男の子の電話番号を聞き出すために、担任の先生に電話する

書置きを残して家を出た娘を追いかけて見失った私は(詳しくはこちら)、がっくり肩を落として、家に帰りました。 そして、担任の先生に電話して、相手の男の子の家の電話番号を教えてもらうべきか、ダンナと相談しました。 ダンナは、電話番号は教えてもらうべきだし、泊ると言って家を出た事を先生に話すべきだと言いました。反面、私は、細かい事情は今の時点では話さないで電話番号だ…

続きを読む

人気記事

最近の記事